Macの隠しファイルを表示する3つの方法【隠しファイルの作り方も紹介】

Macの隠しファイルを表示する3つの方法【隠しファイルの作り方も紹介】

mac 隠しファイル

 

Macには何もしていない状態では確認することができない、隠しファイルが存在しています。

 

一般的には不可視ファイル・フォルダと言われていますが、この隠しファイルを表示する方法があるのです。

 

ここでは、Macの隠しファイルを表示する3つの方法や、隠しファイルの作り方について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

Macに隠しファイルが作られている理由

 

mac 隠しファイル

 

利用者の目に見えない形で隠しファイルが存在している訳ですが、どうして隠しファイルが作られているのでしょうか?

 

隠しファイルが作られている理由は、「利用者が誤操作で内容変更しないため」です。

 

隠しファイルは、システムを動かすのに重要なディレクトリなどに設定されています。

 

これらを利用者が誤操作で削除したり場所を移動させたりすると、Macが正常に動かなくなる恐れがあります。

 

そのため、普段は隠しファイルとして見えない状態にしているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

Macの隠しファイルを表示する3つの方法

 

mac 隠しファイル

 

重要なファイルを保護する目的で、隠しファイルの設定が用意されています。

 

触る必要のないものですが、実は隠しファイルを表示する方法もちゃんとあるんですね。

 

難しい操作は要求されず、誰でも簡単に表示ができるのでさっそく以下からその方法を紹介していきます。

 

 

@ ショートカットキーを使って隠しファイルを表示する方法

 

mac 隠しファイル

 

「MacOS Sierra」以上であれば、ショートカットキーを使えば簡単に隠しファイルを表示できます。

 

まずはMacを起動して、Finderを起動。

 

その後、どこでもいいので好きなフォルダを表示してください。

 

様々なフォルダが並んでいる画面になったら、次のキーを押しましょう。

 

「command + shift + . 」

 

mac 隠しファイル

 

この3つのキーを同時に押すことで、隠しファイルが表示されます。

 

mac 隠しファイル

 

見にくい場合は、右クリックから「整頓」を選択してください。

 

mac 隠しファイル

 

すると、通常のフォルダより薄く表示された隠しファイルがハッキリと分かります。

 

もう一度、さきほどのショートカットキーを押すと、隠しファイルが不可視の状態(元の状態)に戻ります。

 

スポンサーリンク

 

 

A ターミナルで隠しファイルを表示する方法

 

mac 隠しファイル

 

ターミナルで隠しファイルを表示し、削除などの操作が可能です。

 

まずは、Finderから「アプリケーション」に進みます。

 

次に、「ユーティリティ」から「ターミナル.app」をダブルクリックすればターミナルが起動します。

 

ターミナルが起動したら、「ls -a」と入力してください。

 

すると、隠しファイルを含めた全てのファイルが表示されます。

 

[rm -r test1」

 

このように入力すると、「test1」という名前のフォルダの削除が可能です。

 

 

B 隠しファイルを常時表示する方法

 

mac 隠しファイル

 

ターミナルからコマンドを入力すれば、隠しファイルを常時表示できます。

 

まずは、「ターミナル.app」をダブルクリックして、ターミナルを起動してください。

 

起動が完了したら、次のコマンドを入力して実行しましょう。

 

「defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE」

 

入力したら、Finderプロセスを終了するコマンドを入れます。

 

「killall Finder」

 

この2つのコマンドを入れたら、設定は完了です。

 

ホームのフォルダ一覧を確認すると、隠しファイルが表示されています。

 

mac 隠しファイル

 

隠しファイルを非表示したいなら、次の2つのコマンドを入れてください。

 

「defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE」

 

「killall Finder」

 

これで、隠しファイルを非表示にできます。

 

スポンサーリンク

 

 

Macで隠しファイルの作り方を解説

 

mac 隠しファイル

 

重要なシステムファイルなどの誤操作を防ぐために、隠しファイルの仕組みがあります。

 

しかし、実は利用者も簡単に隠しファイルを作成できるのです。

 

家族で同じMacを使っている場合、他の人に見られたくない画像や動画が入ったフォルダを隠すのに役立ちます。

 

Macで隠しファイルを作るには、隠したいファイルやフォルダの先頭に「.(ドット)」を付けるだけ。

 

「隠しファイル」

 

このファイルを隠したい場合は、

 

「.隠しファイル」

 

こう入力するだけです。

 

通常のファイルに戻したいなら、「.」を外してください。

 

1文字入れるだけで、隠しファイル・フォルダが作成できるのでぜひ覚えておきましょう。

 

 

MAC隠しファイルまとめ

 

mac 隠しファイル

 

Macにはシステムを保護する目的で、隠しファイルが存在していると分かりました。

 

目に見えない状態ですが、実は簡単に表示・非表示の設定ができます。

 

また、利用者も隠しファイルの作成ができるので、作り方を覚えておくと何かと役に立つでしょう。

他にこんな記事も読まれています



MACの裏技・便利機能まとめ

mac 隠しファイル

Macで遊べる神ゲーアプリランキング10!超人気ゲームだけを厳選


mac 隠しファイル

【無料版】Macのおすすめテキストエディタ10選【便利なものだけを激選】


mac 隠しファイル

Macの隠しファイルを表示する3つの方法【隠しファイルの作り方も紹介】


mac 隠しファイル

【Mac】便利なショートカットキー110個【絶対に覚えてほしいオススメキー】


mac 隠しファイル

Macが遅い・重い場合の対処法を紹介【軽量化して高速化する方法】


mac 隠しファイル

Macで使える動画編集ソフト10選【無料・有料別オススメソフトを紹介】


mac 隠しファイル

【Mac】オススメのウイルス対策ソフト6選【無料(フリー)で使えるソフトだけを厳選】


mac 隠しファイル

【Mac】右クリックを設定する方法【キーボードで行う方法も紹介】


mac 隠しファイル

【Mac】ユーザー名を変更する方法|変更できない場合の対処法


mac 隠しファイル

MacでDVDをコピーできるソフト6本【無料(フリー)で使えるおすすめソフトを厳選】


mac 隠しファイル

Macにフォントを追加する方法【おすすめフォントも紹介】


mac 隠しファイル

【Mac】PDFを編集する方法を紹介【無料で使える標準搭載で編集しよう】


mac 隠しファイル

Macでエクセルを編集する方法【無料で使えるオンライン用も紹介】


mac 隠しファイル

【Mac】フリーズを回避する効果的な対策6選【フリーズする原因も解説】


mac 隠しファイル

MacでVPNを設定・接続する方法【VPNを利用するメリット】


mac 隠しファイル

MacにWindows10をインストールする方法【無料で導入する手順を解説】