MacOSをアップデートする方法【古いOSのアップデート方法も解説】

MacOSをアップデートする方法【古いOSのアップデート方法も解説】

mac OS アップデート

 

Macに搭載されているMacOSは頻繁に更新されており、様々な面で改善されています。

 

そのため、アップグレードの案内があったら早めにアップデートをしたほうが良いでしょう。

 

そんなMacですが、OSアップデートの種類と更新方法や、アップデート前に確認するべきことはあるのでしょうか?

 

ここでは、MacOSをアップデートする方法や事前に確認してほしいことについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

MacOSをアップデートする前に確認してほしいこと

 

mac OS アップデート

 

MacOSのアップデートの通知が届いたら、すぐにでもアップグレードするべきです。

 

しかし、アップデートする前に確認してほしいことがあります。

 

まず、「互換性」の確認です。

 

「OS X Mountain Lion」以降を搭載した、以下に挙げるモデルであれば最新のMacOSである「Mojave」へアップデートできます。

 

「Mojave」にアップデートできるモデル
  • MacBook…2015年前期以降の販売モデル
  • MacBook Air…2012年中期以降の販売モデル
  • MacBook Pro…2012年中期以降の販売モデル
  • Mac mini…2012年後期以降の販売モデル
  • iMac…2012年後期以降の販売モデル
  • iMac pro…全てのモデル
  • Mac pro…2013年後期に販売されたモデル

 

また、互換性がクリアしていたとしても、システムが非対応というケースがあるので要注意。

 

次の表のシステムを満たしていないと、MacOSの最新である「Mojave」にアップデートはできません。

 

MacOS OS X 10.8以降
メモリ 2GB以上
空き容量 12.5 GB ※OS X Yosemite 以前からアップグレードする場合は18.5 GB
備考 一部の機能にはApple IDが必要。一部の機能にはインターネット接続環境が必要。

 

次に確認したいのが、「アプリの互換性」です。

 

mac OS アップデート

 

頻繁に使うアプリが新しいOSに対応しておらず、アップデートすることでアプリが起動しないという事態も考えられます。

 

そのため、アップデートをする前にアプリが新しいOSでも動くのかを確かめるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

MacOSに用意されている2種類のアップデートとは?

 

mac OS アップデート

 

MacOSのアップデートと言っても、実は2種類あるのをご存知ですか?

 

多くの方がイメージするのは、新しいOSへのアップデートのほうでしょう。

 

たとえば、「high sierra」から「Mojave」にアップデートするというものです。

 

このアップデートが一般的ですが、もう1種類あるんですね。

 

それが、「古いMacOSのバージョンをアップデートする」というもの。

 

mac OS アップデート

 

「Mojave」のMacOSでApple側がバグを発見したとき、それを修正したバージョンを公開することがあります。

 

頻繁に行われるタイプのアップデートなので、よく目にするでしょう。

 

この2種類のアップデートは、似ているようで内容が大きく異なります。

 

スポンサーリンク

 

 

MacOSをアップデートする方法

 

mac OS アップデート

 

MacOSのアップデートの事前準備や種類について分かったところで、さっそくアップデートする方法を紹介していきます。

 

アップデートと聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、実はとっても簡単なので以下からの手順を参考にしてみてください。

 

まず、同じMacOS内でのアップデートのやり方です。

 

Macを起動し、画面上部のアップルのタブをクリックしてください。

 

各種メニューが表示され、この中に「ソフトウェアアップデート」の項目が表示されていればそちらを選択。

 

あとは自動的に、アップデートを行ってくれます。

 

では次に、新しいOSへアップデートするやり方を紹介していきますね。

 

Macのトップページから、アップルのタブをクリックし「このMacについて」を選択。

 

お使いのMacの情報が表示されるので、「ソフトウェアアップデート」のボタンをクリックしましょう。

 

mac OS アップデート

 

AppStoreが表示されて、一番新しいOSのダウンロードページが表示されるので、ダウンロードをしてください。

 

mac OS アップデート

 

ダウンロードが完了後、インストールの画面になるので「続ける」を選択。

 

mac OS アップデート

 

使用許諾契約の画面になるので、「同意する」をクリック。

 

mac OS アップデート

 

もう一度確認のメッセージが出るので、「同意する」を選択。

 

mac OS アップデート

 

画面が切り替わったら、「インストール」をクリックしましょう。

 

mac OS アップデート

 

インストールするには、パスワードの入力が求められるので、パスワードを入れて「ヘルパーを追加」をクリック。

 

mac OS アップデート

 

この後、自動的にインストールが始まりMacが再起動します。

 

mac OS アップデート

 

インストールが完了すると、いくつかの初期設定を行う画面が自動的に立ち上がります。

 

案内通りに進めていけば、アップデートは完了です!

 

スポンサーリンク

 

 

古いMacOSのアップデートする方法

 

mac OS アップデート

 

最新のOSではなく、古いMacOSを好んで使用している人は少なくありません。

 

先ほどは最新のOSへのアップデートの方法を紹介しましたが、実は古いバージョンのアップデート方法もあるんですね。

 

先ほどとは、少し手順が異なるので古いMacOSのアップデートを入手したい方は以下からの方法を参考にしてください。

 

まずは、Macを起動して「AppStore」を開きます。

 

AppStoreが開いたら、画面上部にある「アップデート」のタブをクリック。

 

リストにアップデートの情報が表示されるなら、「アップデート」というボタンを選択しましょう。

 

mac OS アップデート

 

もしリストに何も表示されないなら、お使いのOSは最新の状態です。

 

 

MACのOSアップデートまとめ

 

mac OS アップデート

 

MacOSをアップデートするには、事前に互換性の確認をしておく必要があると分かりました。

 

アップデート方法はとても簡単で、基本的に画面の案内通りに進めていくだけです。

 

古いOSもアップデートが行われているので、定期的に確認して最新の状態に更新するようにしましょう!

他にこんな記事も読まれています



MACの裏技・便利機能まとめ

mac OS アップデート

Macで遊べる神ゲーアプリランキング10!超人気ゲームだけを厳選


mac OS アップデート

【無料版】Macのおすすめテキストエディタ10選【便利なものだけを激選】


mac OS アップデート

Macの隠しファイルを表示する3つの方法【隠しファイルの作り方も紹介】


mac OS アップデート

【Mac】便利なショートカットキー110個【絶対に覚えてほしいオススメキー】


mac OS アップデート

Macが遅い・重い場合の対処法を紹介【軽量化して高速化する方法】


mac OS アップデート

Macで使える動画編集ソフト10選【無料・有料別オススメソフトを紹介】


mac OS アップデート

【Mac】オススメのウイルス対策ソフト6選【無料(フリー)で使えるソフトだけを厳選】


mac OS アップデート

【Mac】右クリックを設定する方法【キーボードで行う方法も紹介】


mac OS アップデート

【Mac】ユーザー名を変更する方法|変更できない場合の対処法


mac OS アップデート

MacでDVDをコピーできるソフト6本【無料(フリー)で使えるおすすめソフトを厳選】


mac OS アップデート

Macにフォントを追加する方法【おすすめフォントも紹介】


mac OS アップデート

【Mac】PDFを編集する方法を紹介【無料で使える標準搭載で編集しよう】


mac OS アップデート

Macでエクセルを編集する方法【無料で使えるオンライン用も紹介】


mac OS アップデート

【Mac】フリーズを回避する効果的な対策6選【フリーズする原因も解説】


mac OS アップデート

MacでVPNを設定・接続する方法【VPNを利用するメリット】


mac OS アップデート

MacにWindows10をインストールする方法【無料で導入する手順を解説】