Macが起動できない時の対処法7選【不具合をすぐに解決する方法】

Macが起動できない時の対処法7選【不具合をすぐに解決する方法】

mac 起動できない

 

Macが突然起動しない状態にあったら、パニックになりどうしたらいいか分からなくなります。

 

電源が入るのに起動しなかったり、何の反応もないときの効果的な対処法がいくつかあります。

 

そんなMacですが、起動できないときにどんな対処をしたら不具合をすぐ解決できるのでしょうか?

 

ここでは、Macが起動しないときの対処法7選について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

Macが起動できない時の対処法7選

 

1.PRAMをリセットする

 

mac 起動できない

 

Macが起動しないとき、まず試してほしいのがPRAMのリセットです。

 

Macの設定部分を記憶しているメモリなので、ここをリセットすると不具合が解消する可能性があります。

 

PRAMをリセットするには、以下のコマンドを入力してください。

 

「Option + command + P + R」

 

mac 起動できない

 

このキーを押したままにして、電源を入れます。

 

Macの起動音が2回鳴るまでキーを押し続け、その後キーから指を離します。

 

これで、Mac側が自動的にPRAMメモリをリセットしてくれました。

 

その後、Macが正常に起動するか確かめてください。

 

スポンサーリンク

 

 

2.SMCをリセットする

 

mac 起動できない

 

Macには「System Management Controller(SMC)」と呼ばれる、電源関係を管理しているシステムがあります。

 

この部分に不具合があると、Macの起動に関してエラーが起きる可能性が高いんですね。

 

そのため、SMCの情報をいったんリセットすることで問題が解決するかもしれません。

 

SMCをリセットする方法は、以下の通りです。

 

まず、Macを終了し、電源アダプタを接続します。

 

次にキーボード左側の、

 

「shift + control + option」

 

このキーを同時に押しながら、電源ボタンを押しましょう。

 

電源ボタンを押したら、すべてのキーから指を離します。

 

その後、Macの電源を入れてください。

 

デスクトップ型のMacであれば、Macを終了したら電源コードを抜いて15秒ほど待機します。

 

そして再び電源を入れれば、SMCがリセットされます。

 

スポンサーリンク

 

 

3.リカバリーモードで起動する

 

mac 起動できない

 

Macにはリカバリーモードが備えられており、重大なトラブルが起きた際に役立ちます。

 

Macが起動しないというトラブルは、Mac内部でエラーが起きている可能性があるのでリカバリーモードは有効な対処法です。

 

まず、Macを終了してください。

 

次に、電源ボタンを押したまま「command + R」を長押しします。

 

Appleのロゴが画面に表示されたら、キーを離しましょう。

 

すると、「OSXユーティリティ」という画面が立ち上がります。

 

これがリカバリーモードの画面になるので、ここから「ディスクユーティリティ」を行ってください。

 

スポンサーリンク

 

 

4.セーフモードで起動する

 

mac 起動できない

 

いくつかの機能を制限して、Macへの負荷を軽くした状態で起動するセーフモード

 

このモードで起動できれば、問題の修復ができて起動できないトラブルが改善される可能性があります。

 

セーフモードで起動する手順は、以下の通りです。

 

まずは、Macの電源を落とします。

 

次に、電源ボタンを押した後に、キーボードの「shift」を長押ししてください。

 

Appleのロゴが表示されたらキーを離すと、そのままセーフモードでの起動になります。

 

mac 起動できない

 

セーフモードで立ち上がったら、一度Macを再起動してみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

5.外部ディスクを利用して起動する

 

mac 起動できない

 

Macでは、USBメモリなどに「起動可能インストーラー」を作成できます。

 

リカバリーモードやセーフモードでも起動できないとき、外部ディスクを使って起動することが可能です。

 

外部ディスクを利用する手順は、以下の通りです。

 

まずは、Macの電源を落とします。

 

次に、電源ボタンを押して「option」キーを押したままにしてください。

 

mac 起動できない

 

すると、「Startup Manager」が表示されるので、利用したいディスクを選びましょう。

 

これで起動できたら、再起動を行うなどして修復作業に取り掛かってください。

 

 

6.「Apple Diagnostics」を利用して起動する

 

mac 起動できない

 

Mac本体やハードウェアに問題がないかを診断してくれるのが、「Apple Diagnostics」です。

 

Mac上で診断してくれ、修理が必要かどうかの判断もしてくれます。

 

Apple Diagnosticsを行う方法は、以下の通りです。

 

まず、Macの電源を落とします。

 

次に、電源ボタンを押してからキーボードの「D」を長押ししてください。

 

mac 起動できない

 

ハードウェアテストの画面が表示され、自動的に診断が開始されます。

 

数分で診断は終了するので、終わるまで待ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

7.MacOSを再インストールする

 

mac 起動できない

 

ここまでの対処法をしても、問題が解決されず起動できないなら、MacOSを再インストールしてみてください。

 

Macはユーザーの情報を残したまま、システムだけを入れ替えるという便利な仕組みになっています。

 

ですから、MacOSの再インストールで、問題が解決される可能性が高いです。

 

MacOSを再インストールする手順は、以下の通りです。

 

まずは、Macの電源を落とします。

 

次にMacの電源ボタンを押したら、すぐにキーボードの「command + R」キーを押したままにしてください。

 

すると、「MacOS X ユーティリティ」という画面が表示されます。

 

mac 起動できない

 

ここから、「MacOS Xを再インストール」をクリックしましょう。

 

あとは画面の案内通りに進めば、OSの再インストールができます。

 

 

MAC起動できないまとめ

 

mac 起動できない

 

Macが起動できないときには、試してほしい効果的な対処法がいくつもがあると分かりました。

 

どの対処法も、Macの不具合の改善が期待できるものばかり。

 

そこまで手順は難しくないので、起動できなくて困っている人はぜひ参考にしてみてください!

他にこんな記事も読まれています



MACの裏技・便利機能まとめ

mac 起動できない

Macで遊べる神ゲーアプリランキング10!超人気ゲームだけを厳選


mac 起動できない

【無料版】Macのおすすめテキストエディタ10選【便利なものだけを激選】


mac 起動できない

Macの隠しファイルを表示する3つの方法【隠しファイルの作り方も紹介】


mac 起動できない

【Mac】便利なショートカットキー110個【絶対に覚えてほしいオススメキー】


mac 起動できない

Macが遅い・重い場合の対処法を紹介【軽量化して高速化する方法】


mac 起動できない

Macで使える動画編集ソフト10選【無料・有料別オススメソフトを紹介】


mac 起動できない

【Mac】オススメのウイルス対策ソフト6選【無料(フリー)で使えるソフトだけを厳選】


mac 起動できない

【Mac】右クリックを設定する方法【キーボードで行う方法も紹介】


mac 起動できない

【Mac】ユーザー名を変更する方法|変更できない場合の対処法


mac 起動できない

MacでDVDをコピーできるソフト6本【無料(フリー)で使えるおすすめソフトを厳選】


mac 起動できない

Macにフォントを追加する方法【おすすめフォントも紹介】


mac 起動できない

【Mac】PDFを編集する方法を紹介【無料で使える標準搭載で編集しよう】


mac 起動できない

Macでエクセルを編集する方法【無料で使えるオンライン用も紹介】


mac 起動できない

【Mac】フリーズを回避する効果的な対策6選【フリーズする原因も解説】


mac 起動できない

MacでVPNを設定・接続する方法【VPNを利用するメリット】


mac 起動できない

MacにWindows10をインストールする方法【無料で導入する手順を解説】