Macでエクセルを編集する方法【無料で使えるオンライン用も紹介】

Macでエクセルを編集する方法【無料で使えるオンライン用も紹介】

mac エクセル

 

Macでエクセルを編集したい場合、どうしたらいいのか分からない人は少なくありません。

 

というのも、Macにはエクセルが標準搭載されておらず、本格的な編集などができないからです。

 

そんなMacですが、無料でエクセルを閲覧・編集するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ここでは、Macでエクセルを編集する方法や、無料版や有料版などについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

【無料オンライン版】Macでエクセルを編集する方法

 

mac エクセル

 

マイクロソフトが提供するエクセルを、Macで使うには有料版を購入するのが手っ取り早いです。

 

その方法は後述するとして、ここでは無料でエクセルを開く方法を紹介していきます。

 

事前に準備するものもありますが、手順は決して難しいものではありません。

 

以下からの操作のやり方を、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

@ マイクロソフトアカウントを取得する

 

mac エクセル

 

無料オンライン版エクセルをMacで使うには、まずマイクロソフトのアカウントを取得する必要があります。

 

アカウントを取得するには、以下のページにアクセスしてください。

 

 

ページにアクセスできたら、画面中ほどにある「Microsoftアカウントでサインイン」のアイコンをクリック。

 

サインインのページに切り替わるので、「作成」のリンクを選択。

 

mac エクセル

 

持っているメールアドレスを入力したら、「次へ」をクリックしましょう。

 

mac エクセル

 

画面が切り替わり、今度はパスワードの入力を求められます。

 

その後画像認証を行い、「次へ」をクリックしてください。

 

mac エクセル

 

これでマイクロソフトのアカウントを、Macで取得できました。

 

スポンサーリンク

 

 

A オンライン版エクセルを起動する

 

mac エクセル

 

マイクロソフトのアカウントを取得できたら、いよいよオンライン上のエクセルを起動してみましょう。

 

まずは、以下のサイトにアクセスしてください。

 

 

するとマイクロソフトアカウントへのログイン画面になるので、さきほど取得したサインイン情報を入力します。

 

ログインに成功すると、無料オンライン版のエクセルが起動。

 

mac エクセル

 

空白のブックから、エクセルを新規作成できます。

 

 

B オンライン版エクセルでファイルを開く方法

 

mac エクセル

 

オンライン版エクセルが起動できたら、持っているファイルをアップロードして開いてみましょう。

 

ファイルをアップロードするには、「OneDrive」が使える状態になっている必要があります。

 

ですが、マイクロソフトのアカウントを取得した段階で、「OneDrive」は使える状態になっているのでそのままアップロードが可能です。

 

オンライン版エクセルのトップ画面の右上あたりに、「ブックのアップロード」があるのでクリック。

 

Macのファイルが開くので、そこからエクセルが保管されている場所を指定してアップロードしましょう。

 

mac エクセル

 

これで、オンライン版エクセルでファイルを開けます。

 

無料なので有料版に比べて制限があるものの、簡単な編集や計算は十分に行えますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

【有料】オフラインでMACのエクセルを編集する方法

 

mac エクセル

 

Macでマイクロソフトのエクセルを、オフラインで開くには製品を購入する必要があります。

 

そして製品版エクセルは2種類あって、それぞれで特典内容が異なるんですね。

 

以下から、製品版エクセルの価格や内容について紹介していきます。

 

 

@ 「Office365 solo」

 

mac エクセル

 

定期購読型オフィスサービス「Office365 solo」は、期間を設けてサービスを購入する形になります。

 

1ヶ月あるいは1年間のサービス使用料を支払えば、エクセルだけじゃなくワードやパワーポイントなども使用可能です。

 

期間限定でエクセルを使いたい人にとって、このサービスはかなりオススメです。

 

製品名 Office365 solo
費用 1,274円(1ヶ月)、12,107円(1年間)
利用可能なOfficeアプリ Word/Excel/PowerPoint/Outlook/OneNote
インストールできるPC 2台のMac、2台のタブレット、2台のスマートフォン
用途 家庭とビジネス用
備考 1TBのクラウドストレージ(OneDrive)が付いている

 

スポンサーリンク

 

 

A 「Office2016 for Mac」

 

mac エクセル

 

ライセンスを買い取って、ずっとエクセルを使えるタイプが「Office2016 for Mac」です。

 

対象のユーザーによって、価格や中身が変わります。

 

製品名 Office Home & Student 2016 for Mac
費用 25,704円
利用可能なOfficeアプリ Word/Excel/PowerPoint/OneNote
インストールできるPC 2台のMac
用途 家庭用
備考 家庭と学生用のOfficeサービス。Outlookが使えない。クラウドストレージが付属しない。

 

製品名 Office Home & Business 2016 for Mac
費用 37,584円
利用可能なOfficeアプリ Word/Excel/PowerPoint/OneNote
インストールできるPC 2台のMac
用途 家庭用またはビジネス用
備考 Outlookが使える。クラウドストレージが付属しない。

 

頻繁にエクセルを使いたい場合、ライセンスを買い取ってずっと使えるこちらのタイプがオススメです。

 

 

Mac標準アプリでエクセルを編集する方法

 

mac エクセル

 

実は、Macに標準搭載されているアプリで、エクセルを開けます。

 

そのアプリとは、「Numbers」です。

 

エクセルの形式ファイルを開けますが、操作性やフォント、さらには書式など様々な部分で違いがあります。

 

そのため通常のエクセルに比べ、操作が大きく異なるんですね。

 

中身を確認するだけだったり、ちょっとだけ編集するという使い方がメインになります。

 

ですが、無料でエクセルファイルを開けるというのは、十分なメリットと言えるでしょう。

 

 

MACのエクセルまとめ

 

mac エクセル

 

Macでエクセルを開くには、いくつかの方法があると分かりました。

 

無料オンライン版は大変便利ですが、製品版に比べて機能が限られている点に注意が必要です。

 

Macでエクセルを開き編集することは可能なので、ここで紹介した方法をぜひ参考にしてみてください!

他にこんな記事も読まれています



MACの裏技・便利機能まとめ

mac エクセル

Macで遊べる神ゲーアプリランキング10!超人気ゲームだけを厳選


mac エクセル

【無料版】Macのおすすめテキストエディタ10選【便利なものだけを激選】


mac エクセル

Macの隠しファイルを表示する3つの方法【隠しファイルの作り方も紹介】


mac エクセル

【Mac】便利なショートカットキー110個【絶対に覚えてほしいオススメキー】


mac エクセル

Macが遅い・重い場合の対処法を紹介【軽量化して高速化する方法】


mac エクセル

Macで使える動画編集ソフト10選【無料・有料別オススメソフトを紹介】


mac エクセル

【Mac】オススメのウイルス対策ソフト6選【無料(フリー)で使えるソフトだけを厳選】


mac エクセル

【Mac】右クリックを設定する方法【キーボードで行う方法も紹介】


mac エクセル

【Mac】ユーザー名を変更する方法|変更できない場合の対処法


mac エクセル

MacでDVDをコピーできるソフト6本【無料(フリー)で使えるおすすめソフトを厳選】


mac エクセル

Macにフォントを追加する方法【おすすめフォントも紹介】


mac エクセル

【Mac】PDFを編集する方法を紹介【無料で使える標準搭載で編集しよう】


mac エクセル

Macでエクセルを編集する方法【無料で使えるオンライン用も紹介】


mac エクセル

【Mac】フリーズを回避する効果的な対策6選【フリーズする原因も解説】


mac エクセル

MacでVPNを設定・接続する方法【VPNを利用するメリット】


mac エクセル

MacにWindows10をインストールする方法【無料で導入する手順を解説】