【Mac】HDDの容量を確認する3つの方法【容量の常時表示するやり方】

【Mac】HDDの容量を確認する3つの方法【容量の常時表示するやり方】

mac 容量確認

 

  • HDDの容量を確認する方法を教えてほしい
  • 容量の常時表示するやり方を教えてほしい

 

こんな情報をお伝えします。

 

HDDの容量を確認する方法が少しややこしいので、分かりやすく図を入れて解説してきます。

 

それではさっそく、MacのHDDの容量を確認する方法、容量を常時表示するやり方について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

Macの容量確認が定期的に必要な理由

 

mac 容量確認

 

Macの容量は、定期的に確認しておくのがオススメです。

 

その理由は、「容量がいっぱいになるとMacが正常に動かなくなる」からです。

 

たとえば、大切なファイルを扱うときに、容量がいっぱいで保存ができないとなれば大慌てしてしまいます。

 

また、空き容量が非常に少なくなると、「お使いの起動ディスクは〜」というエラーメッセージも表示されます。

 

mac 容量確認

 

こうしたメッセージが出ると、Macの起動が遅くなったり、思いがけないエラーが発生する可能性があるんですね。

 

快適にMacを利用するためには、容量の定期的な確認が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

Macの空き容量を確認する方法

 

mac 容量確認

 

Macの容量を定期的に確認する必要性について、理解が深まりました。

 

ただ、Mac内部のHDDの容量を確認すると聞くと、少し手順が複雑そうに感じるかもしれません。

 

ところが、Macの空き容量を確認する手順はとても簡単で、一度やってしまえばすぐに覚えられます。

 

それでは、さっそく以下からMacの容量を確認する方法について紹介していきますね。

 

まずは、Macの電源を付けてホーム画面を表示してください。

 

次に画面上部にいくつかタブがあるので、一番左にある「アップル」のロゴをクリックします。

 

mac 容量確認

 

すると、いくつかのメニューが表示されるので、「このMacについて」を選択しましょう。

 

mac 容量確認

 

画面が切り替わり、Macに関する情報が並んでいます。

 

この中から、「ストレージ」という項目をクリックしてください。

 

mac 容量確認

 

MacのHDDや外部のUSBデバイスなどの容量が、一覧で表示される画面に切り替わります。

 

mac 容量確認

 

ここから、現在使用している容量や空き容量を、確認できるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

Macの空き容量をトップページに常に表示する方法

 

mac 容量確認

 

Macの空き容量を確認する手順は、驚くほど簡単だと分かりました。

 

定期的に確認をしておけば、いきなり容量不足に気付くという事態は避けられるでしょう。

 

とはいっても、定期的に容量を確認するというのは、ちょっと面倒です。

 

Macは親切にも、空き容量をトップページに常に表示できる機能を搭載してくれています。

 

以下から、空き容量をトップページに常に表示するやり方を紹介していきますね。

 

まずは、Macの電源を付けてトップページを表示してください。

 

次に画面上部にある各種タブの中から、「Finder」をクリックします。

 

mac 容量確認

 

するとメニューが表示されるので、「ステータスバーを表示」を選択。

 

mac 容量確認

 

これで、画面下部にハードディスクの空き容量が、数字で表示されます。

 

常時表示されるので、すぐに確認できて便利です。

 

スポンサーリンク

 

 

Macの容量を「ターミナル」を使って確認する方法

 

mac 容量確認

 

Macの容量の詳細を確認したいなら、「ターミナル」を使うのがオススメ。

 

Macに標準搭載されているアプリなので、どこかからダウンロードする必要がないためです。

 

コマンドを覚えてしまえば、とても簡単に確認できるので以下からその方法を紹介していきますね。

 

まずは、Macのトップページ上部にある「Finder」をクリックします。

 

mac 容量確認

 

次に「アプリケーション」を選択し、「ユーティリティ」を選択。

 

mac 容量確認

 

ユーティリティに入っているアプリが出てくるので、ここから「ターミナル」を選んでください。

 

mac 容量確認

 

ターミナルが起動したら、「df -h」と入力し実行しましょう。

 

すると、容量に関する様々なデータが表示されます。

 

mac 容量確認

 

ここから、見たい情報を確認しましょう。

 

表示されるデータの意味は、以下の表をご確認ください。

 

Filesystem ファイルシステム。/dev/disk1 は「Macintosh HD」を指す
Size ディスク容量
Used 使用中のディスク容量
Avail 空いているディスク容量
Capacity ディスク容量の使用量の割合

 

 

MAC容量確認まとめ

 

mac 容量確認

 

Macの容量を確認する方法は、驚くほど簡単ですぐに行えると分かりました。

 

ステータスバーを表示すれば、空き容量が常時表示されるので確認忘れを防げるため大変便利。

 

容量が不足すると、Macの起動や動作が遅くなる恐れもあるので、空き容量には常に気を付けていきましょう!

他にこんな記事も読まれています



MACの裏技・便利機能まとめ

mac 容量確認

Macで遊べる神ゲーアプリランキング10!超人気ゲームだけを厳選


mac 容量確認

【無料版】Macのおすすめテキストエディタ10選【便利なものだけを激選】


mac 容量確認

Macの隠しファイルを表示する3つの方法【隠しファイルの作り方も紹介】


mac 容量確認

【Mac】便利なショートカットキー110個【絶対に覚えてほしいオススメキー】


mac 容量確認

Macが遅い・重い場合の対処法を紹介【軽量化して高速化する方法】


mac 容量確認

Macで使える動画編集ソフト10選【無料・有料別オススメソフトを紹介】


mac 容量確認

【Mac】オススメのウイルス対策ソフト6選【無料(フリー)で使えるソフトだけを厳選】


mac 容量確認

【Mac】右クリックを設定する方法【キーボードで行う方法も紹介】


mac 容量確認

【Mac】ユーザー名を変更する方法|変更できない場合の対処法


mac 容量確認

MacでDVDをコピーできるソフト6本【無料(フリー)で使えるおすすめソフトを厳選】


mac 容量確認

Macにフォントを追加する方法【おすすめフォントも紹介】


mac 容量確認

【Mac】PDFを編集する方法を紹介【無料で使える標準搭載で編集しよう】


mac 容量確認

Macでエクセルを編集する方法【無料で使えるオンライン用も紹介】


mac 容量確認

【Mac】フリーズを回避する効果的な対策6選【フリーズする原因も解説】


mac 容量確認

MacでVPNを設定・接続する方法【VPNを利用するメリット】


mac 容量確認

MacにWindows10をインストールする方法【無料で導入する手順を解説】